ヘルペスの再発確率

ヘルペスウイルスには、口の周りや顔面など主に上半身に発症する傾向が高い1型と性器や下肢など下半身に発症する2型があり、口の周りに発症したものを口唇ヘルペスと呼び、性器周辺や下半身に発症するものを性器ヘルペスと呼んでいます。
このウイルスは、非常に感染力が強い為に症状が鎮静化しても、体内の神経細胞が集中する神経節にウイルスが潜り込み、ウイルスを完全に体内から取り除く事はほぼ不可能です。
その為、ヘルペスウイルスを一生体内に保菌する形となり、免疫力や体力が低下すると再発の確率が高くなり、頻繁に発症するケースもあります。
1型ウイルスの代表格である口唇ヘルペスは、一般的に接触や飛沫より感染し、唇や口の周辺の皮膚に痛みや痒みなどを感じ、数時間から数日で赤みや水ぶくれ、顎の下のリンパ節が腫れたりしますが、2週間程度で治癒します。
性器ヘルペスは、2型ウイルスに分類されていますが、最近ではオーラルセックスなどにより1型ウイルスが感染するケースが増えており、1型ウイルスと2型ウイルスが入り混じっています。
性器ヘルペスは、大部分が性交渉により感染し、2日~12日の潜伏期間を経て性器やおしりの周辺に赤い湿疹や水ぶくれ、ただれなどの症状が発現し、稀に排尿痛や歩行困難になるほどの強い痛み、発熱などの症状を発現するケースもあります。
2型ウイルスは、1型ウイルスに比べて頻繁に軽い症状で再発を繰り返す傾向があるので、再発に気付かずに感染を拡大させてしまう事があり、母子感染により生後間もない新生児が発症し、死亡するケースもあります。
又、ヘルペスは、男性よりも女性の方が感染率が高く、20歳代の女性患者が最も多くなっています。

ヘルペスの治療を中断しない為には

ヘルペスを一度発症した場合、その治療は非常に長いものになります。
ヘルペスの原因になるヘルペスウイルスは一度感染すると人の神経細胞に住み着くようになってしまうため、完治させるということは現状ではまだできず、あくまでも症状を緩和させたり再発を抑えたりといったようなことが主になってきます。
ではそうした中でヘルペスの治療を中断しないためにはどういったことに気をつけるべきかというと、最も重要なのは「薬を飲み忘れることの重大さを知る」ということです。
例えば現在使用される薬として最も有名なものにはバルトレックスなどがありますが、これは早い段階で適切な服用をすれば非常に高い効果が見込めます。
しかし飲み忘れると薬剤耐性菌ができるきっかけとなってしまい、今後バルトレックスが効かないということになりかねません。
そうなると次の薬に切り替える必要があるのですが、同じことを繰り返していけば「どのような薬も効果が期待しづらいヘルペス」が体の中で出来上がります。
こうなってしまったのであれば、もう普段の生活を規則正しいものにして免疫力を高い状態に保ち続けるしかありません。
酒もタバコもやらない、早寝早起きで野菜メインの粗食を心掛けるというような暮らしは、若い人にはかなり辛いものになるでしょう。
そうした暮らしが嫌なのであれば、薬をしっかり飲むようにするべきです。
実際に薬を飲む時についてですが、これは携帯電話のアラームを有効活用すると良いでしょう。
決まった時間にアラームが鳴るようにセットしておき、その時間に薬を飲むというようにすれば飲み忘れはかなり抑えられます。
こういった病気の治療で大切になるのは習慣付け、毎日の日常に薬を落としこむということです。
ヘルペス治療は長い道ですが、行わないわけにはいかないのですからしっかり対策を考えるようにしてください。

ヘルペス感染予防手段

ヘルペスは自分で発症してしまうこともありますが、他の人から移されることも多い病気です。しかし予防は簡単にできます。
まずヘルペスを発症している人の患部には絶対に触らない事です。
これはヘルペスに限らずですが触ることにより指に菌が付着してしまいます。それが自分の口や陰部に付着しますと体調が悪ければ発症してしまうのです。
あと不特定多数の人とコップやグラスを共有するのは避けましょう。
酒の席では一つのグラスで回し飲みをすることがありますが、もしもその中に1人ヘルペスかかっている人がいれば自分も感染するリスクがあります。
どうしても断れない場合には誰も口を付けていない場所で飲むようにしましょう。
またタオルなども共有すると感染する可能性がありますので誰が使ったかわからないタオルは使わないようにしてください。
家でも手をふくタオルを使うときには一回一回交換するのがいいでしょう。
あと感染予防手段として絶大な効力を出すのはコンドームです。
性行為によってもヘルペスに感染しますので性器にぶつぶつができている場合には必ず付けてください。
出来ていなくても菌を保有している人と性行為をしますと伝染してしまいますので思わぬ感染を防ぐためには大事なことです。
不特定多数の人と性交をするのも危険ですし、たった一人が相手でもその人が不特定多数の人と性交をしていればかなり危険です。
軽はずみな成功をしないのも予防手段です。
完全に性感染をシャットアウトしたいなら全く性行為をしないのが確実です。
普段から体力をつけるような生活をすることも大事でしょう、疲れやストレスをためるとヘルペスに感染しやすくなるので疲れている時は無理をせず休んで下さい。
■通販でトリコモナスを治せ
トリコモナス感染症に効く薬
■安心の通販サイト
クラビット
■人気のヘルペス治療薬はこれ
ゾビラックス